高濃度ビタミンC点滴

ビタミンC点滴は、美肌やアンチエイジングに効果があるとされるビタミンCを投与する治療法です。ビタミンCはシミの原因となるメラニン色素を抑制し、ハリや弾力のある美肌を作りますクリニックでは、ビタミンCをはじめとする栄養点滴を行っています。高濃度のビタミンCを大量に投与することで、がんになりにくくなるとも言われています。

サプリメントビタミンCは野菜や果物から摂取することができる成分であり、サプリメントなども販売されています。水溶性のビタミンなので、大量に摂取しても吸収が悪く、すぐに排泄されてしまいます。高濃度のビタミンCを点滴により摂取する必要があるでしょう。

メリカで高濃度のビタミンC点滴が、がん患者の痛みや食欲不振などの症状を改善したと発表されています。抗がん剤を用いる治療には副作用がありますが、高濃度のビタミンCには副作用がほとんどありません。ただし、国産のビタミンC点滴薬には防腐剤などが添加されていることもあるので、使用するビタミンC点滴薬について確認する必要があります。またビタミンC点滴薬は温度に敏感なため、製造工場からクリニックに届けるまでに冷蔵保管が義務づけられています。鮮度の高い、状態の良いビタミンCを利用するようにしましょう(参照サイト⇒関内内科 – ビタミン注射)。最後にプラセンタ療法について説明します。