プラセンタ療法

プラセンタ療法高難度ビタミンC点滴とは違い、プラセンタ療法は、ヒトやブタ、ウマ及びヒツジなどの胎盤エキスを使った治療法です。アトピー性皮膚炎をはじめとして、神経痛やリウマチなどの痛みの緩和など、さまざまな疾患への効果が期待できます。さらに美容の分野でも、肌のたるみや小じわを防ぐ目的として利用されています。

胎盤には、赤ちゃんが成長するために必要な栄養が入っています。胎盤エキスには、ビタミンやミネラル、アミノ酸や酵素、成長因子などが含まれていることが知られています。活性酸素を取り除き、老化を防ぐ働きがあり、自己免疫疾患やアレルギー疾患の改善などに幅広く活用されています。クリニックでは、栄養点滴として胎盤エキスを取り入れています。更年期障害をむかえた女性などに、プラセンタ療法が推奨されています。更年期障害の場合は、病気の治療として健康保険が適応になります。美容目的か治療目的かによって、保険の適用が分かれています。

クリニックでは安全使用のために血液検査を行い、胎盤エキスによる感染症などがないことを確認した胎盤を使用しているため安全です。副作用が起こることもありませんが、胎盤エキスを使用すると、献血ができなくなります。プラセンタ療法を利用する場合は、献血に注意が必要です。